紹介

海雲台、魅力的な世界クラスの都市

  • Tourist Information Center
  • Immigration Contact Center Phone number 1345
  • Tourist Information phone number 1330
  • Emergengy Medical Information Center Phone Number 1339
  • BBK Korea phone number 1588-5644
  • Busan Foundation for International Activities

名前の由来とその歩み Haeundae district office greeting

メイン > 紹介 > ご紹介

由来
由来
ヘウンデ(海雲台)という名は新羅末期の碩学である孤雲(ゴウン)・崔致遠(チェチウォン)先生の字である海雲から由来したのである。孤雲(ゴウン)先生は官職をやめて伽倻山(カヤサン)に行った途中海雲台に立ち寄り、月見通り(タルマジキル)の一帯の絶景に心を奪われて離れることができずにとどまり、冬栢島(トンベクソム)の南側岩壁に海雲台という三つの字を陰刻することでここの地名になったと伝えて来ている。 海雲台は三韓時代には壮山国に、統一新羅時代には東莱郡に改称された以来、高麗と朝鮮時代を経て東莱県、東莱都護府などに属し、朝鮮後期以後には東莱府・東下面に属した。1953年海雲台出張所として発足して 1976年に市の直轄支所になり1980年に海雲台区に昇格され、1994年8月31日に観光特区として指定されて国際的な観光都市に変貌している。
沿革
1990-2006
1990-2006
  • 2006.07栽松 子供図書館、文化センターのインストール
  • 2006.01観光施設管理事業所の設置
  • 2005.09 盤如1洞を盤如1・4洞に分離
  • 2003.12佐洞を佐1・2・3・4洞に分離
  • 1999.12事業所の盤如図書館の設置
  • 1998.09 石坮洞を盤松1洞に統合
  • 1996.09海雲台の新市街地の造成 ('91~'98)、人口10万名(計画 12万名)
  • 1991.09栽松洞を栽松1•2洞に分離(15個の洞)
  • 1991.04 区議会事務機構の設置
沿革
1942-1990
1942-1990
  • 1988.05自治区に昇格 (14個の洞)
  • 1980.04海雲台区に昇格(佑1•2洞、中1•2洞、佐洞、松亭、盤如1•2•3、石坮、盤松1•2•3、栽松)
  • 1979.08釜山市の行政区域の改編により盤如3洞及び盤松3洞が分離
  • 1978.01行政区域の変更により東莱区で盤如及び盤松地域の6個の洞が編入
  • 1976.05市 直轄週長所に昇格 (佑1•2洞、中1•2洞、佐洞、松亭洞)
  • 1963.01釜山市が政府直轄市に昇格して東莱郡 機張面 松亭里が編入(松亭洞)
  • 1957.01釜山市 区制度の実施により東莱区 海雲台出張所に改編
  • 1953.09 釜山市 海雲台出張所の発足 (佑洞、中洞、佐洞)
  • 1942.08釜山市 水営出張所に編入
Quick Menu
Weather
Traffic info
Emergency
Wi-Fi
Hospital
Civil Application
facebook twitter